36歳からはじめる「マッチョいいおじさん」への体つくりを続けるための3つのポイント。

36歳 マッチョいいおじさん 体つくり 続かない

マッチョいいおじさんへの体つくりを、続けられるか心配。なんかコツとかあるのかな?

マッチョいいおじさんへの体つくりを長く続けられるか心配なのですね。長く続けるためのポイントがあるのでお話ししします。

こんにちは、「マッチョナリー・カンパニーの社畜こと」クニです。
マッチョいいおじさんへの体つくりは、筋肉を育てること、続けることではじめて効果を実感します。
長く続けるためにどんなことに意識していくか説明していきますね。

目次は以下の通りです。 

はじめにマッチョいいおじさんについて考え方を変えよう

36歳 マッチョいいおじさん 体つくり 考える

マッチョいいおじさんへの体つくりは、「つらい」「大変」「疲れる」とか。
ネガティブなことはすぐに出てきませんか?
その気持ちのままトレーニングを続けると絶対に続きません。
マッチョいいおじさんへの体つくりをはじめるまえに気持ちを変えましょう。

ポイントは「ポジティブ」なことを書いていくこと

トレーニングを行うと良いこと。
マッチョいいおじさんへになると良いことを
なんでもいいので書けるだけ書いてみましょう。

  • マッチョいいおじさんになると筋肉がついてかっこよくなる
  • トレーニングをすると夜ぐっすり眠れる
  • トレーニングをするとご飯がおいしく食べれる

などなど、ここで重要なのは、気持ちを切り替えるために
「○○キロやせる!」とか目標を書くのではなく、
マッチョいいおじさんになることによって
前向きになれる事を書いていくことです。

そして、マッチョいいおじさんの体つくりを始める前だったり、
トレーニングの途中で思い出すと

「辛いことをやっている。」

「これを行えば○○になれる」

と何のために行っているのかわかり、
続けるためのモチベーションがわいてきます。

他の例でいうと、「歯磨き」を考えてみてください。
朝の忙しいときに時間を取れられる歯磨きはなぜ行うのか。

  • 虫歯にならないため
  • 息をきれいにする

とか、歯磨き自体は面倒くさいことかもしれませんが
行うことで得られることを考えると続けられますよね。

すぐに結果がつきにくい
マッチョいいおじさんの体つくりをはじめるの方は
目的を見失いためにもぜひ試してみてください。

マッチョいいおじさんへの体つくりを続けるための3つのポイント

36歳 マッチョいいおじさん 体つくり 続けるための3つのポイント

そして、今回話す続けるためのポイントは、
マッチョいいおじさんへの体つくりを続けるために私が実践している方法です。

  1. 記録する
  2. できる事からはじめる
  3. さぼることもつづけること

この3点に関して詳しく話したいと思います。

記録する

36歳 マッチョいいおじさん 体つくり 続けるための3つのポイント ポイント1 記録する

昔「レコードダイエット(測るだけダイエット)」なんかがはやりましたが、
マッチョいいおじさんへの体つくりも行ったことを
メモすることは大切だと思っております。
最近ではスマホアプリが充実しており、体重を記録するものはもちろん
自重トレーニングをカウントするアプリなんかもあります。
(おすすめのアプリは別の機会に紹介したいと思います。)
記録することで継続を確認できるのと成長を認識することができて
同じことの繰り返しでもがんばった感を得られて
トレーニングを持続することができます。
トレーニングメニューを記録すると、
自分のレベルアップ感を実感するので体重だけでなく
メニューも計測することをおすすめします。

できる事からはじめる

36歳 マッチョいいおじさん 体つくり 続けるための3つのポイント ポイント2 できる事からはじめる

私もマッチョいいおじさんへの体つくりを始めたころは、
今考えると恥ずかしくなるようなメニューでした。
筋トレのメニュー数も少なく、チンニングは1REPでした。
でも、きついトレーニングを最初からやるより、
できる範囲のメニューを続けていくことを意識して、
そこからちょっとずつ回数や筋トレのメニューを増やして
無理なことはしませんでした。
はじめは、1日10分のメニューから始める。
というようなかんたんなことで良いと思います。
これならできそう!
と自分が思えるメニューを考えてはじめてみるのも
筋トレのスタートしては良いかもしれないですね。

さぼることもつづけること

36歳 マッチョいいおじさん 体つくり さぼることも大切

私はよくマッチョいいおじさんへの体つくりをさぼりますw
(正確にはさぼっていました。)
でも「戦略的にさぼる」ことにしております。(すごいポジティブ思考)
続けるためには、「続けることが大変なこと」という思考をなくして
「続けることは楽しいこと」「続けるないと気持ちわるい」
ぐらいに考えられるようにならなくてはいけなく、
そのためには極力ストレスを感じないように意識しておりました。

なので一週間のうち1回さぼってもいいと考えて
土日に調整したり、飲み会の日は、ほとんどさぼってます・・・
(アルコールが入るとマッチョいいおじさんへの体つくりの効果が激減してしまいます。)
ただそのおかげか、ストレスなく続けられて、
今ではトレーニングを行わないと気持ち悪いような感じになり続けられております。
また、36歳からの男性が太る要因第一位(私の経験談)の飲み会ような悪しき習慣も
だんだん減ってくると思います。
(これは良い習慣を続けたいと思う気持ちが強くなるからだと思います。)

たとえるなら、「毎日歯を磨かないと気持ち悪い」と思える感じに似ています。

こんな感じで、とにかくトレーニングを続けることがストレスにならないように
気を付けていることが続ける秘訣ですね。

まあ、難しく考えずやっちゃいましょう!って感じですw

まとめ:マッチョいいおじさんへの体つくりはスタートダッシュせずにちょっとづつやっていこう

36歳 マッチョいいおじさん 体つくり スタートダッシュせずにちょっとずつやっていこう

いかがだったでしょうか。
マッチョいいおじさんへの体つくりは健康に良いし、続ければ必ず結果がついてきます。
ただ、目標を最初からハードなものにすると
ギャップにつかれてしまったり、
たとえ頑張って目標にたどりついても反動で
マッチョいいおじさんへの体つくりを行わなくなったりリバウンドしてしまったりする人が多いいです。

まずはできる事を週1回でもいいので続ける習慣を作っていきましょう。
マッチョいいおじさんへの体つくりはゆっくり長く続けていきましょう。

それでは 楽しいマッチョいいおじさんへの体つくりを!

コメント